つづきから

私が、昔からず~~っと思い続けていた事は

なんで、こんなに頑張っているのに

私は、こんな風にしかならないのか?!

ということでした。

特に、何もしているように見えなくても

天然な状態で

人から好かれる人

いつも周りに人が居る人

皆が話しかける、相談する人

という人が

羨ましくて、しかたありませんでした。

彼女たちと、自分と

何が違うのか?

全く分からなくて、どうすることも出来ませんでした。

私だって、人から好かれたいし

頼りにもされたい

一緒に居て、楽しいと思われたい

そう、思っていました。

でも、いくらそう思っても

そうなるやり方が分からなかったのです。

解らないなりに

色々、努力をしてみもしました。

知識をたくさん身に付ければいいのか?

努力してリーダー的な位置に行けばいいのか?

服装、趣味、友達作り

仕事

いろんな場面で、私なりに

出来る事をしました。

でも、全く思うような結果が出ず

本当に文字通り空回りでした。

友達なら、必死にグループに着いて行こうとしても

知らぬ間にハブられていたり、

仕事も

認めれようと必死で

でも、頑張れば頑張るほどイライラして

結局

扱いにくい人というレッテルを貼られる。

本来なら

独りで居た方が気楽なのに

人と一緒に居ないと変な人と思われると思い

友達を作り

飲み会にも参加して

独りにならないように一生懸命、
みんなの会話に入ろうとしました。

ですが

そのほぼすべてが見事なまでに空回っていました。

今、振り返っても

努力に見合った結果が何一つ出ない

悲惨そのものでした。

なぜそんなことになっているのかというと

頑張ったり、努力することは出来るのに

その方向性が間違っていたのです。

それを修正してくれたのが

カウンセラーの先生でした。

唯一、私の努力や頑張るといった力があることを

認めてくれて

結果が出ないのは方向性の問題だ

ということを教えてくれた人でした。

努力が足りないのではなく

その力を間違った方向に使っているから

空回りをしているんだ。

でも、私には

努力する、頑張る力があるから

潜在能力は高い

ということを信じてくれた人でした。

この出会いがあったからこそ

私は、空回りの人生から

抜けることが出来たのです。

でも、今でも思います。

圧倒的に、人に好かれる人と

私の違いが何かという事を。

そして、その違いは

残念ながら、私の感覚の中には

元々から備わってはいないのです。

それは、人に好かれる事

人と良い関係を作る事には

必要不可欠なのに

私にはそのかけらも持ち合わせていなかったのです。

それは悔しくて、涙がでるほどです。

それが無いからこそ

私は、空回りするしかなかったのですが。。

つづく