はじめまして、

カウンセラーのさとこです。 

ご覧いただき、ありがとうございます。 

 
突然ですが、

心理カウンセリングはどんな人に必要だと思いますか? 

例えば、

今現在、悩みを抱えていてどうにかしたい人。

精神的に病んでいる人

メンタルが弱い人 

。。。。への、精神的なケア

といったイメージが一般的かもしれません。
 

もちろん、そういった活用方法もあります。

 

ですが、実は

カウンセリングは、そういう方の為だけの特別なものではありません。

誰にでも当てはまる、もっと有効的な活用方法があります。 

それは、自分の視野を広げて

出来ることを増やしていくためのツールとしての活用方法です。
 

通常、人が持っているやり方は

1個か、2個、多くて3個くらいです。

その1個か2個のやり方しかないので

状況、場所、相手に合わせてやり方を変えるのではなく

いつでもそのやり方を通していくことになります。

そうすると、その場にあったやり方ではないときに

問題が起きてくるのです。

もし、この事実をカウンセリングで振り返り

見直して、修正していくことが出来れば

自分が使えるやり方は増やすことが出来ます。
 

やり方が増えると、結果も変わってきます。

今まで味わったことのないような結果を味わうことが出来ますし

今までやりたくてもできなかったことも、出来るようになります。
    

そうなると、

こういうやり方しかできないから

こういう結果になる

のではなく

こういう結果を出すために、

やり方を選ぶ

という選択が出来るようになります。

 

今まででは出せなかった結果を

狙って出せるようになるのです。

 

でも、世の中では

こういうことをやっている人は少ないです。

みんな、自分のやり方を押し通し

それだけで勝負するので、

壁にぶつかったり、つまずいたり

挫折しています。
 

その中で、もし

自分の使いこなせるやり方を増やせたら

そういった人たちの中で

上手く立ち回ることが出来てしまいます。

 

しかも、そんなに頑張らなくてもです。

何故かというと

色んな手を持っているから。

 

こんなことが出来るようになると

自然と

人より、頭1つも2つも抜ける存在になってしまいます。

 

そこから見える景色は

今見ているものとは、まったく違います。

 

これは、私も経験しているので断言できます。
 

みんなの中に埋もれて、右往左往しているところから抜け出して

もっと広い視野で、違う世界を見てみたい。

    

そんな要望があれば

ぜひ、お手伝いさせていただきます。

一人で取り組むのは難しいことでも

支えられながら取り組めば、途中で挫折する可能性も

かなり低くなります。

その支えに、私がなります。
 

そんな方と、ご縁があれば嬉しく思います。 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。